×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウエストダイエットをする前に

ウエストのダイエットは一般的に強敵と言われます。メリハリのあるボディー、くびれたウエストに憧れて、ウエストダイエットをしたいと思っている人はかなり多いのではないでしょうか。ですがなかなか細くなってくれないのが、ウエストというものです。

ダイエットをしてウエストを細くするためには、飲食の量をただ単に減らせば良いというものではないようです。一時的にウエストがサイズダウンするだけで、ただお腹がぺちゃんこな全く魅力のないウエストになってしまうでしょう。ダイエットにはもちろん食べ過ぎはいけませんが、ウエストダイエットに挑戦する前にまずはウエストが何故太くなってしまうのか、何故ウエストが痩せにくいのかを知ってから実行すると効率よくダイエットすることが可能です。

リンパの流れが悪くなりますと代謝も悪くなり、痩せにくい体を作ってしまう理由となるのが、ウエストのリンパの流れが悪くなることなのです。これによりウエストに脂肪がつきやすくなり、どんどん太くなってしまいます。便秘には水分、食物繊維をしっかり摂取し、十分な睡眠を取り、便秘解消の万策をしましょう。

ウエストダイエットにはむくみも大敵です。むくみの理由としては、女性ホルモンの波及や、塩分の摂り過ぎ、睡眠不足などがあげられます。ウエストダイエットは、代謝機能のアップがダイエット完遂のポイントです。またウエストについた脂肪は落ちにくいので用心が必要だといえるでしょう。

正しいダイエット方法

3つの正しいダイエット方法の基礎となるものがあるんでしょうか。それは食事、運動、生活改善です。まず食事による痩身方法についてお話します。1日30品目を目標として、栄養バランスが偏らないメニューを考えるのが、正しいダイエットの方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)になるでしょう。しかしそれがなかなか難しい場合は、ダイエットサプリメントを使っても良いでしょう。

大切なのは、間食(食事の合間にとるおやつや軽食をいいます)を控え、3食きちんと食べるように努力することで、朝はしっかり、夜は少なめにするのが正しい食事ダイエット方法の重要なところです。内容としては味付けは薄く、糖類やカロリーを抑えたものがおすすめです。ダイエット方法の中でも運動によるものについてですが、これは脂肪を燃焼させて、筋肉を付けるつもりでダイエットをしていきます。

体操(最近では、マルモ体操が人気を集めています。芦田愛菜ちゃん、かわいいですよね)、ストレッチ、ヨガと色々なダイエット方法がありますが、お好きなものを選んで下さい。運動によるダイエット(摂取カロリーを抑えて、消費カロリーを増やすというのが基本です)において重要なことは、毎日続けるということです。仕事や家事の合間、あるいは就寝前などといった自分の負担にならないときにすると良いかもしれません。よりハードな運動を希望される場合は、有酸素運動を念頭に置いてダイエット(一生継続できる方法で行わないと、一時的には成功したように思っても、結局は失敗するようです)運動を実践します。

きちんと脂肪を燃焼させる為には充分な酸素が必要です。ですから息を切らすだけの運動では意味がなく、10分のジョギングよりは30分以上の競歩のほうがダイエットには効果的であるといえるのです。夜更かしに伴うお菓子や、ながら食いを止めるなどの、生活習慣の改善によるダイエット方法は、自己管理を目的とするダイエットだといえるでしょう。日記に、その日に口にした物や実行した運動を記録するのも良い方法です。そしてストレスを溜めない為の遊び心も忘れずに、辛いダイエットにくじけぬようにがんねっていきて下さい。

ウエスト痩せの方法

身体が細いのにウエストがずん胴だったり、すばらしい体格なのにウエストがきちんとくびれていない場合があります。下半身を常に正面に固定し、腕を振りながら上半身を左右に回転させると、ウエスト部分の筋肉、腹横筋が鍛えられ、エネルギーは燃焼します。

その他のウエスト痩せ効果のあるものに、腹式呼吸があります。ウエスト痩せは体重には関係ないのです。

ウエスト痩せの1番いい手法は、腹横筋を鍛えれば、ウエスト痩せはかなり実現するということです。この手法の一つにウエストひねりがあります。腹式呼吸をすると、横隔膜の運動範囲が人によっては通常時の3〜4倍に広がり、ウエスト痩せ運動としては有効です。換気量、効率共に高く、一度にたくさんの空気を必要とする有酸素運動になります。

人間のお腹には腹膜という袋があり、その中に血管・内臓・神経などが入っています。そ腹膜を腹圧で膨らませることで、中にある器官を正しい位置に保たせ、正常な働きを維持させる仕組みです。余分な脂肪が落ち、腰痛・便秘の解消にもつながります。これで、美しいプロポーションの決め手となるウエスト痩せが実現するのです。


足やせ